このWEBサイトの運営は、タナカ兄弟社が行っております。

兄、コウタロウ、中学2年生。弟、トモノスケ、小学6年生。

 

タナカ兄弟社は、2014年の夏祭りで獲った「金魚」に「水耕栽培」を掛け合わせるところから始まりました。

アクアポニックス(魚養殖×水耕栽培)の第一人者になると兄弟で決め、3年間の実証実験をやり遂げ、現在も「金魚」×「いちご」を育てています。

2016年に始めた畑での農作物栽培が失敗に終わり、2017年より「竹林」×「焼畑農業」(休耕地を焼き払い地力を回復)の実験を、千葉県旭市上永井地区の7600平米(2300坪)の土地にて行っております。

経理学校の準備もしており、2017年6月に兄のコウタロウが日本商工会議所 簿記検定3級に合格、11月に簿記検定2級にも合格。2018年の6月には中学2年生で簿記検定1級を受験する予定です。

会社のアドバイザーとして「経理と広告」、個人のアドバイザーとして「不動産賃貸やアクアポニックス・農作物栽培」を事業化すべく、学業と同時進行で準備を続けてまいりました。

英語の勉強を活かした外国人への民泊(Airbnb)事業も、中学生であればこその度胸で、身振り手振りで何とか意思疎通できています。弟のトモノスケはまだ英語が話せないので、中学生の兄であるコウタロウが何とかするしかありません。

これからも「できるヤツが できることをやればいい!」という協調の気持ちで、学生起業家らしい事業展開を行っていきたいと思います。

Copyright© キミアキ先生の起業酔話【タナカ兄弟社】 , 2018 All Rights Reserved.